京都ホテルオークラのアップルパイ、概念が変わる驚きの美味しさ!

京都にはアップルパイが評判のお店がいくつかありますね。
なんとなく京都の町並みにはアップルパイが似合うような気がします。

その京都アップルパイの中でも前から気になっていたのが、京都ホテルオークラのアップルパイ。
「伝統のアップルパイ」と呼ばれる、自信作のようです。

関東で育った私にとって一番のアップルパイは東京会館のもので、パイ生地に煮りんごが包まれた、オーソドックスなタイプ。
では、この京都ホテルオークラのアップルパイはどんなものでしょうか?
「カフェ レックコート」で食べてきましたよ。

スポンサーリンク

京都ホテルオークラの『カフェ レックコート』

京都ホテルオークラはさすが京都を代表するホテルだけあって、ロビーは立派です。
このロビーがある1階に、「カフェ レックコート」はあります。

店内の雰囲気

入ってすぐに、ケーキのショーケースがあります。
きれいで美味しそうなものが並んでます。

店内は明るく広いですね。
椅子は座り心地が良く、テーブルもゆったりとしています。

店員さんも気配りをしてくれて、こちらが顔を上げるとすぐ気づいてくれました。
お水もこちらから言わなくても、適時入れてくれます。

こういう配慮はさすがホテルですね。
のんびりと安心して飲食できますよ。

食事のメニュー

「伝統のアップルパイ」を食べにきたのですが、実はお昼時に入ったのでお腹がすいており、まずは食事を頼みました。

お値段は高めですが、ホテルらしいメニューが並んでいます。
国産牛100%の「レックコート オリジナルハンバーガー」を注文。
一緒に行った友人は、「和風ステーキサンドイッチ」にしました。

「レックコート オリジナルハンバーガー」2,138円。

バンズにオリーブが刺さっている、見た目も立派なハンバーガーです。
付け合わせはフライドポテト、アボカドのディップ、ピリ辛のトマトソース。
メニュー写真より、実際に提供された方が見た目も良く、量も多いですね。

パテは国産牛で、とてもジューシーで臭みが全くないです。
挟まれたトマトの甘味酸味の調和がよく、パテによく合っています。

バンズもふっくらもちもちした日本人好みの食感で、すべての具材をやさしく挟み、うまく全体をまとめています。
食材それぞれが、このハンバーガーのためだけに存在しているような、そんな錯覚をさせるような美味しさです。

付け合わせのフライドポテトも、見た目は普通のフライドポテトのように見えますが、その辺のファーストフードのそれとは全く違う味です。
油っぽさはまったくなく、ジャガイモ一個の旨味を一本に凝縮したようなポテトです。
こののフライドポテトを食べるだけでも、ハンバーガーを注文する価値があると思います。
値段は少し高いのですが、納得のお味でした。

「和風ステーキサンドイッチ」1,900円。

これもパンに挟まれたお肉が、とても美味しそうなサンドイッチです。
焼き具合はミディアムでお願いしたのですが、ドンピシャの焼き具合で、友人はとても満足していました。

ステーキをサンドイッチにするなんて贅沢!と思ったのですが、こんな食べ方もいいかもしれませんね。
ただ友人は、「ごはんが欲しい!」と言っていましたが・・・。
醤油の香りが大変食欲を誘う、和風サンドイッチでした。

スイーツのメニュー

食後のデザートです。

まずは友人が頼んだ、「ミルクティーとシナモンのマリアージュ」がとても美味しそうだったので、紹介します。

これは、シナモンソースがかかったバニラアイスに、別添えのスリランカ産ウバ茶のミルクティーをかけていただくというもの。

冷たいアイスに、温かいミルクティーをかけるなんて、なんだか贅沢ですね。
バニラアイスがとても美味しくて、冷たくて温かい不思議な感覚だったとのこと。
1,188円です。

アップルパイ アラモードセット(伝統のアップルパイ)を注文

さあ、次は「伝統のアップルパイ」の登場です。
「アップルパイ アラモードセット」1,782円。

「伝統のアップルパイ」は、一般的なアップルパイと違い、パイ生地が全体を覆っていません。
パイ生地の上に、煮りんごがのっているだけです。
煮つめたりんごを食べるのが目的のようなケーキですね。

表面には、細くカットされたりんごがのっています。
シャキシャキとした食感が面白いです。

そして、中にはゴロゴロとたくさんのりんご。
ぎっしりと詰まっていますよ。
よほどこの甘く煮つめたりんごに自信があるのでしょう。
実際、この煮りんごは大変美味しいです。

他で売られているアップルパイでは時々食感の悪い煮りんごがありますが、この「伝統のアップルパイ」のは、すべての煮りんごが均一に仕上がっていて、どれも最高の状態でした。

さすが「伝統」の名がついたアップルパイ。
アップルパイ好きの人に、これを食べるだけのために京都を訪れる価値がある、とおすすめできるほどの美味しさでした。

「伝統のアップルパイ」をテイクアウト

とても気に入ったので、お土産用にワンホール購入してしまいました。
「伝統のアップルパイ」直径約15cm、3,456円。

りんごの実に葉っぱがついた、かわいいパッケージです。
開けると、お皿のような形状のパイ生地の中に、煮りんごがたっぷり入ったアップルパイが。

こうやって見ると、ほんとりんごが重要な地位を占めているアップルパイですね。
上で述べたように、この甘く煮詰めたりんごによほど自信があって、じっくりと食べてもらいたいのでしょう。

お店で食べたのと同様に、表面には細いシャキシャキりんごがのっています。
カットしてみると、中にはゴロゴロの煮りんごがたっぷりです。

こんなにたくさん入っているアップルパイは見たことがありませんね。
青森県産のりんごを3個も使っているようです。
煮りんご好きにはたまりません。

パイ生地も上品なバターの香りがして、煮りんごとの相性がとても良いです。
すべては「伝統」のレシピで作られた煮りんごをどう活かすかにあるのでしょう。
とても完成度の高いアップルパイでした。

現地の京都ホテルオークラ「カフェ レックコート」でテイクアウトするのはもちろん、通販もあるようです。

商品説明 オンラインショップ人気No.1「伝統のアップルパイ」 パティシエがひとつひとつ丁寧に焼き上げたアップルパイの大きな特徴は青森県産のリンゴ約3個分を使用しています。 サクサクしたパイ生地の食感と甘酸っぱいリンゴの相性をぜひお楽しみください。 電子レンジなどで軽く温めると、シナモンの香りと...

アップルパイが好きな人なら、一度、購入してみてはいかがでしょう。
本当に、りんごが美味しいです。
アップルパイの概念が変わりますよ!

京都ホテルオークラ カフェ レックコート
【住所】 京都市中京区河原町御池
【電話】075-254-2517(予約不可なので注意)
【営業時間】8:00~21:30 (ケーキは9:00~)
【食べログ】カフェ レックコート
【サイト】https://www.hotel.kyoto/okura/restaurant/lec-court/
全席禁煙です。
おすすめ
松之助京都本店のアップルパイをテイクアウトで食べ比べ!一番は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする