黒酢レストラン⁉桷志田(かくいだ)なんばスカイオ店に行ってみた!

大阪のなんばスカイオに鹿児島発の黒酢レストランができた?
何だか健康的で良さそう!

でも、すべての料理に黒酢が使われているとかだったらどうなのよ?
つーんと酸っぱそうだよね…。

と若干の不安を感じつつ、黒酢レストランとは何?を探りに、新しくできた「黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店」のランチタイムに行って来ましたよ。
お店の雰囲気や混み具合、席の座り心地、ランチメニューの詳細などお伝えしますね。

スポンサーリンク

黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田とは?

まず桷志田は「かくいだ」と読みます。
「かくしだ」と読んでしまいそうですよね。
鹿児島の地名とのこと。

その地名から社名をとったのが「黒酢本舗 桷志田」で、この会社が鹿児島で運営しているレストランが「黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田」です。
日本初の黒酢レストランらしいですよ。
そして、今回訪れた「黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店」は大阪に進出した第2号店になります。

黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店

「黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店」は、行列店の「象印食堂」と同じなんばスカイオの6階フロアにあります。

象印の最高級炊飯器「炎舞炊き」のごはんが楽しめる、大阪なんばの「象印食堂」。混雑状況やお店の雰囲気、さらにメニューや料理の感想などざっくばらんに。そこは象印のワンダーランドだった!?

6階は別名「ヘルシー・ラボ」で、体に良いと思われる商品やレストランが集まったフロアになっているらしい。

お店の雰囲気

この6階フロア「ヘルシー・ラボ」の一角を占めるのが、黒酢を専門に扱う「黒酢本舗 桷志田」です。黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の外観

色々な黒酢を使った商品が置かれていますよ。
しかもその場で試せる商品も多く、例えば黒酢ドリンクなどの試飲ができます。
私が行ったときは、すももの黒酢ドリンクでした。
酸っぱいことは酸っぱいのですが、意外と飲みやすく、ジュース感覚でグビグビいけそうです。

この店内の奥に「黒酢レストラン 桷志田」があります。
お店の前に近づくと、ムッと黒酢のにおいが漂ってきますよ。
さすが黒酢レストランです。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の外観

店内はちょっとおしゃれな感じ。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の内観

カラフルに色付けされた大きな壺(黒酢製造時に用いるもの)がディスプレイされ、所々に黒酢に関連するものが置かれています。
落ち着いた雰囲気の店内です。

混雑状況は?

平日お昼の12時半過ぎでしたが、前に待っていたのは1組だけでした。
ランチ時でもそれほど混んでいない模様です。
ちなみに同じフロアの象印食堂は30人以上の大行列でしたので、それと比較すると楽に入れると思います。
ただし、店先に入店待ち用のイスが用意されていたので、もしかしたら行列する場合もあるかもしれません。

席の座り心地

店内には、カウンターが約7席、2人用テーブルが4卓、4人用テーブルが2卓、そして4人用のソファ席が4卓ほどあります。
こちらは、ソファ席。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の席

利用したのは2人用テーブル席でしたが、座席はクッションが効いた、座り心地がよいものでした。
席の間隔も広くゆったりととられ、隣の人はあまり気になりません。
手荷物を置けるカゴもあります。

ランチメニューの種類

ランチメニューは以下の通りです。
このランチメニューにプラス300円で、ドリンクと黒酢スイーツがセットにできます。

  • カクイダランチA 伍年熟成黒酢宝 黒豚の黒酢酢豚 1,600円
  • カクダイランチB カレイの熟成黒酢餡かけ 1,600円
  • 鹿児島県産黒豚ロースステーキ 2,000円
  • 鹿児島県産黒毛和牛ステーキ 3,500円
  • お子様ランチ 980円

日本初の黒酢レストラン自負するこのお店のランチは、はたしてどんなものでしょうか?
お酢まみれなのかな?

まずランチメニューの写真はこんな感じ。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店のランチメニュー

お子様ランチとスイーツメニュー。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店のお子様ランチ

カクイダランチA 伍年熟成黒酢宝 黒豚の黒酢酢豚

カクダイランチは、メインディッシュを「黒豚の黒酢酢豚」と「カレイの熟成黒酢餡かけ」の2種類から選ぶというもの。

このカクダイランチは副菜が色々あって酢豚も美味しそうだったので、「カクイダランチA 伍年熟成黒酢宝 黒豚の黒酢酢豚」を注文することに。
ま、一番値段が安かったというのが大きな理由ですけど。

まずは初めに食前酢が運ばれてきました。
黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の食前酢

ブルーベリーの黒酢ドリンクです。
食事の始まりに飲むと、口がさっぱりしていい感じです。
ブルーベリーの良い香りがします。
甘くて酢が苦手の人も飲みやすいドリンクです、ていうかそもそも酢が苦手の人は来ないか。

食前酢を飲んでいると、しばらくしてすべての料理がいっぺんに運ばれてきました。
お皿にも凝っているようで、様々なデザインのものが使われています。
カクイダランチA 伍年熟成黒酢宝 黒豚の黒酢酢豚

さて、メインディッシュの「黒豚の黒酢酢豚」を見てみましょう。
黒豚の黒酢酢豚

艶やかで食欲がそそられる彩りです。
山芋がゴロゴロと入っています。
他の野菜は、カラーピーマンとインゲン、上にのっている白ネギなどです。

野菜は丁度良い食感に仕上げられていて、豚肉も黒豚特有の旨味がたっぷり。
それらが、香り豊かな甘い黒酢餡に包まれていて…。
これは選んで正解だ!

一般的な酢豚に大体入っている玉ねぎや、賛否両論あるパインナップルは、使われていませんでしたね。
個人的には酢豚にいらない2大食材だと思っているので、ここの酢豚は高評価です。
お酢もいい感じの酸っぱさで、黒酢の香りがさらに食欲を誘いますよ。

副菜の一つ、「里芋の胡麻ドレッシング和え」。
里芋の胡麻ドレッシング和え

ほどよくねっとりとした食感の里芋に、黒酢が効いた胡麻ドレッシングが意外によく合っています。
この胡麻ドレッシングは店頭で売っているものでしょう。
里芋に胡麻ドレッシングの組み合わせは、あまり食べたことがなかったので新鮮でした。

「ミミガーの酢の物」。
ミミガーの酢の物

コリコリとした食感のミミガーを黒酢で。
これは沖縄料理で食べたことがある料理かな?
黒酢が豚っぽさをいい感じに消していて、あっさりといただけます。

「オーガニック野菜の黒酢サラダ」。
オーガニック野菜の黒酢サラダ

華やかな食用菊が散らされているサラダで、黒酢だけで味付けしているのかな。
お酢だけなのに十分な旨味が感じられ、お酢も立派な調味料なんだなあと再認識できます。
オーガニック野菜を使っているとのこと。

「牡蠣の黒酢オイル漬け」。
牡蠣の黒酢オイル漬け

プリプリの牡蠣のオイル漬けです。
油っぽいかなと思ったのですが、黒酢のおかげでこれもサッパリといただけます。
牡蠣の旨味がじゅわーと染み出してうまい。

「黒酢の中華風スープ」。
黒酢の中華風スープ

サンラータンから辛味を抜いたようなスープです。
春雨が入っています。
これは結構強めのお酢感でした。
気を付けないと、むせるかも。

言い忘れましたが、ランチはごはんとパンが選べます。
ここも日本初の黒酢レストランの名に恥じず、なんと、ごはんもパンも黒酢を使用しているんです!

こちらが黒酢を使って炊き上げた「黒酢ごはん」。
黒酢ごはん

酢飯のような酸っぱさを想像していたのですが、けしてそんなことはなく、ほのかに黒酢の香りがするかな?という程度です。
黒米を使っているので、ほんの少し色づいていますが、もしかしたら黒酢の色もついているのかもしれませんね。
普通の雑穀米のような感じでしたよ。

さてこちらが「黒酢パン」。
黒酢パン

これは食べると明らかにお酢の風味がします。
パンにお酢?と一瞬頭が混乱しますが、まずくはないです。
パン生地にお酢を練りこんでいるかどうかはわかりませんが、中に入っているレーズンから間違いなく黒酢を感じます。
黒酢に漬けたレーズンなのでしょう。

パン自体は甘いパンです。
そもそも甘いパンがランチのような定食に合うかどうかは、疑問ですが…。
何度も言いますが、まずくはないですよ。
ま、察してくださいな。

黒酢まみれになりたいな♪そんなあなたにピッタリ!

日本初の黒酢レストランは、思った通りの黒酢をたくさん使った料理でした。
けれど酸っぱすぎて食べにくいものではなく、黒酢の風味が心地よく感じられます。
すべての提供する料理に黒酢が使われているようですよ。

私はここで黒酢の魔力に負け、もっと黒酢が欲しくなり、各テーブルに置いてある「シェフの黒酢」を料理にかけて「追い黒酢」してしまいましたよ。

そんなにお酢が好きでもなかったのに…。
もうあの頃の自分には戻れないかも?

テーブルに置かれている「シェフの黒酢」。
5年熟成もので、975円で売っています。
好き放題、黒酢をかけてくださいな。
シェフの黒酢

お酢好きな人にはもちろん、そうでなかった私みたいな普通の人にも、「黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店」は、おすすめです。

ここで黒酢料理の奥深さを知れば、黒酢の虜になってもう抜け出せなくなるかもしれませんよ。

黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店の場所

なんばスカイオの6階フロア「ヘルシー・ラボ」に位置しています。
各路線なんば駅が最寄り駅です。

黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ
【住所】大阪市中央区難波5-1-60なんばスカイオ6F
【電話】06-6585-9624
【ランチ 】11:00~14:00(L.O.13:30)
【ディナー】17:00~21:00(L.O.20:30)
【食べログ】黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田 なんばスカイオ店
全席禁煙です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする