関西人は知らない?関東の穴場!夏の旅行先はここ!【2019年版】

関西人には知られていない穴場が、関東にはまだまだあります。
TDLなどのメジャースポット以外にも、魅力的な場所があるんです。

「みんなが行くような所は嫌だ!」というあなたに、おすすめの夏休みの旅先、6厳選をお教えしますね。

ぜひ行ってみてください。
関東の新たな一面を知るかもしれませんよ。

東京

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)

関東最大規模を誇る鍾乳洞。
総延長が1270mで高低差も134mある。

関西には鍾乳洞が少ないので、鍾乳洞を訪れた経験がある関西人は多くないかもしれません。
行ってみるのもいい経験になりますよ。

温度は一年を通して11度と一定で、夏はひんやりして気持ちいいことでしょう。
1270mのすべてを巡れるわけではないですが、それでも1時間程度の探索ができます。
様々な鍾乳石が織りなす神秘的な世界を体験しましょう。
大都会東京にもこういう自然があるのです。

日原鍾乳洞
【住所】東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
【入場料】(大人)700円(中学生)500円(小学生)400円
【営業時間(4/1~11/30)】8:00~17:00
【営業時間(12/1~3/31)】8:30~16:30
【駐車場】3時間まで500円(無料の期間あり)
※駐車場は台数が少ないので、バス等で行くのがおすすめです。

深川江戸資料館

江戸東京博物館は知っているけど、こっちを知っている関西人は少ないのでは?

天保年間の江戸の町並みが実物大で再現されています。
当時の庶民の暮らしが感じられ、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分になるでしょう。

さすがに規模では江戸東京博物館には負けますが、深川散策の際にはおすすめのスポットになります。

深川江戸資料館
【住所】東京都江東区白河1-3-28
【入場料】(大人)400円(小中学生)50円
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】第2第4月曜日(祝日の場合は開館)、12/29~1/1
【駐車場】無料(6台まで。高さ制限あり。公共機関利用推奨)

清澄庭園

深川散策におすすめのもう一つのスポット。
三菱財閥の岩崎家によって作られた日本庭園です。
大名の庭園と比べると、そこはかとなく金の匂いが感じられるらしい。

庭園内は、東京とは思えないほどのんびりした雰囲気が漂う。
池にはカメやコイが泳ぎ、エサやりが楽しめます。
そこかしこに、岩崎家が全国から集めた名石が置かれ、少し下品な庭と言われる理由の一つになっている。
素人目には上品な庭との区別はつきませんが。

東京観光で人ごみに疲れたときは、ここでぼーっと庭を眺めながら過ごすのもいいですよ。
芝生や木々の緑と石とのコントラストが美しいです。

清澄庭園
【住所】東京都江東区清澄3-3-9
【入場料】(一般) 150円(65歳以上)70円(小学生以下)無料
【営業時間】9:00~17:00(入場は16:30まで)
【定休日】年末年始
【駐車場】なし

埼玉

サイボクハム

ミートピア 豚からはじまる物語

埼玉のディズニーランド、らしい。
美味しいお肉が買えるミートショップを中心に色々な施設が集まる「食と健康のユートピア」(自称)です。

バーベキューが楽しめるレストラン、農産物直売所、天然温泉、アスレチックや子豚とふれあえる広場など盛りだくさん。
一日中楽しめます、たぶん。

お肉は特に豚肉がおすすめで、何度も海外の品評会で受賞しているSPG(スーパーゴールデンポーク)が絶品です。
レストランで食べられますので、ぜひどうぞ。

サイボクハム
【住所】埼玉県日高市下大谷沢546
【入場料】無料(温泉などは有料)
【営業時間】施設によって異なる。下記を参照。
各施設の営業時間・定休日の案内
【駐車場】無料

星の王子様PA(関越自動車道上り・寄居PA)

関越自動車道 ・寄居PA(上)のおすすめ情報です。「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

関越自動車道の休憩施設。
関西と比べ関東の高速道路のPAやSAは独自性を持ったのが多いです。
「休憩施設でしょ?」と侮ってはいけません。

ここはサン=テグジュペリ「星の王子様」の世界観を随所に表した、日本初のテーマ型パーキングエリア。
訪れればそこは南仏プロバンスのよう。埼玉だけど。

施設は南仏のイメージで統一され、案内表示にもフランス語が。
パン屋やおしゃれなお店が並んでいます。
王子様や物語に出てくるキツネなどのキャラクターに会えますよ。
お土産は「うわばみ焼き」がおすすめです。

星の王子様PA
【住所】埼玉県深谷市本郷北坂3064-4(高速道路上です)
【営業時間】休憩施設自体は24時間営業。ショップなどは11:00~20:00が多い。
下記を参照。
寄居PA施設サービス案内

千葉

東京ドイツ村

千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク、東京ドイツ村の公式ホームページです。

千葉なのに「東京」、千葉なのに「ドイツ」と??のテーマパーク。
千葉は「東京ディズニーランド」のように、東京の威を借りるのが好きみたいだね。

日本三大外国体験型テーマパーク「志摩スペイン村」「長崎ハウステンボス」、そしてここ「東京ドイツ村」ですよ!
ま、関西人には知られてないだろうけどね。

人気アトラクションは3歳のちびっこから乗れる「ブタ天キッズコースター」!
ミニジェットコースターですね。ていうか全くドイツ感がないですね。
他のアトラクションも観覧車やパターゴルフなど、これまたドイツ感ゼロ。
かろうじて、建物がドイツ風だったりレストランでビールとソーセージが食べられますが。
でも同じレストランで冷やし中華も食べられるんだよね・・・。

色々書いたけどドイツ要素を求めなければ、きれいな花が咲き誇っていて芝生が広がる自然を感じられる良いスポットですよ。
バーベキューや野菜果物の収穫体験もおすすめです。

東京ドイツ村
【住所】千葉県袖ケ浦市永吉419
【入場料】(大人)800円(4歳~小学生)400円
【営業時間】9:30~17:00
【定休日】年中無休
【駐車場】園内各所(1台1000円)

まとめ

ちょっとマニアックな場所を紹介しましたが、これ以外にも関東にはまだまだ関西人に知られていない場所があります。
今年の夏休みの旅行をいつもと趣を変えたければ、ここであげた旅行先に訪れるのもいいかもしれませんね。

フォローする