まるでバリ!?それとも異世界!?肥後橋のバリフォーシーズンスでランチ!

なんとなくエスニック的な料理が食べたい!
そんな欲求に襲われる日もありますよね?

今回紹介するのは、大阪市西区江戸堀の「バリフォーシーズンズ」。
本格的なインドネシアのバリ料理が味わえるお店です。
まあ、実のところバリ料理自体よく知らんけどね。

訪問したのはランチタイム。
ちょっと不思議なお店の雰囲気や料理の感想などを書いていきます。

スポンサーリンク

バリフォーシーズンズとは?

土佐堀通を歩いていると、なにやら独特のオーラを発しているお店が…。
それが、バリ料理専門店「バリフォーシーズンズ」です。

バリフォーシーズンズの店頭の様子
異世界への入口のような「バリフォーシーズンズ」。

お店の周りには色々な植物が置かれていて、ぱっと見はクセが強い花屋かな?と思えるほど。
少し入るのにためらってしまうお店ですが、勇気を振り絞って中に入りましょう。

店内の雰囲気

店内に入ると予想を裏切らず、さらに独特な世界が広がっています。
極彩色のシャンデリア、見たこともない植物などが天井からぶら下がり、訪れた者を圧倒します。

バリフォーシーズンズの極彩色のシャンデリア
色彩感覚がすごい。
バリフォーシーズンズのインテリア
よく見ると、手が…。なぜに?
天井から植物がぶら下がる、バリフォーシーズンズの店内
ナウシカの世界のような植物。

店内は、ジャングルのような宮殿のような骨董店のような、不思議な空間。
ここはどこ?私は誰?とはなりませんが、少し頭がくらくらするでしょう。

席の様子

色々なもので装飾された店内は、落ち着かない感じですが、とりあえず席に座りましょう。
深紅の椅子やソファで意外とおしゃれです。

バリフォーシーズンズの席の様子
ここだけ見れば、しゃれたフレンチレストランのよう。

お店は2階もあるようです。
私は1階で食事をしたのですが、この階の座席数は、座れても6,7人程度でしょう。
店外から見た感じでは、もっと広い店内だと思ったのですが…。

席そのものは、座りやすく、長居しても疲れないクッションが良いものだと思います。

ランチメニュー

では、注文しましょう。
ランチの主なメニューは以下の通り(値段は税抜き)。
スープ、サラダ、ジャスミンティーが付いています。

・ナシゴレン(バリ風焼きめし)800円
・ミーゴレン(パリ風焼きそば)800円
・アヤムカレー(チキンカレー)900円
・トムヤンクン 950円
・ナシチャンプル(バリ風ミックスプレート)1,200円
・ソトアヤム(バリ風チキンスープ)900円
・バリフォーシーズンズ フィッシュサラダ 1,000円

さらにプラス200円でデザートが付けられます。
・ピサンゴレン(揚げバナナとアイスクリーム)
・ブブルインジン(黒米とココナッツのスイーツ)
の2種類がありました。

ミーゴレンとナシチャンプル、それにデザートを2種類注文しました。
ちなみに、料理は本場の方が作っているようですが、注文を聞きに来るホール担当は日本人の方でした。
何か注文で相談したいことがあったら、日本語で聞けますのでご安心を。

ミーゴレン

バリ料理に疎い私でも知っているナシゴレンにしようかと思ったのですが、今回は似た名前のミーゴレン(800円)を選択。
バリ風の焼きそばらしいのですが、どんな料理か楽しみに待っていると、間もなく来ました。

バリフォーシーズンズのミーゴレン
ミーゴレン(バリ風焼きそば)。

見た目は、目玉焼きがのった普通の焼きそばだね。
では、パクリと。

口に含むと、やっぱりエスニック料理だという独特の味付けです。
甘いような酸っぱいような感じ。
えびせんと空揚げが付いていました。
このえびせん、美味しいよね。

まあ全体の味としては、想像していたようなエスニック風の焼きそばだったかな?

ナシチャンプル

次はナシチャンプル(1,200円)。
おすすめのものが食べられる、ミックスプレートのようです。

バリフォーシーズンズのナシチャンプル
思ったより、量が少なめのナシチャンプル。

もっと多くの色々なものがのっていると思っていたのですが、ちょっと貧弱?
盛り付けられていたのは、焼き鳥、魚の南蛮漬けなど6種類です。

全体的な味付けは、やはりエスニックです。
バリ料理はよく知らないので分かりませんが、お皿にのっていたものはメジャーな料理なのでしょうか。
特に変わった味付けのものはなく、こんなものかな?という感じでした。

何を頼もうと困ったら、このナシチャンプルでいいのではと思っていたのですが、これは値段の割には少し物足りない内容なので、あまりおすすめできませんね…。
他のランチメニューを頼みましょう。

ランチセットには、スープとサラダ、ジャスミンティーが付いてきます。

バリフォーシーズンズのランチセットのスープ
底にニンジンが沈む、ランチセットのスープ。
バリフォーシーズンズのランチセットのサラダ
特に変わった味でもない、普通のサラダ。

ピサンゴレン

食後にはデザートですね。
ピサンゴレンというのは、揚げバナナのことらしいです。

バリフォーシーズンズのピサンゴレン
甘そうなピサンゴレン。

生クリームとチョコレートが揚げバナナにかかっています。
甘そうですね。
実際、甘いです。
見たままのバナナに生クリームとチョコレートがかかった味でした。

ブブルインジン

次は、黒米とココナッツを使ったデザート、ブブルインジンです。
黒米って珍しいですね。
しかもデザートですか。

バリフォーシーズンズのブブルインジン
ココナッツアイスの下に黒米。

黒米のプチプチとした食感が楽しい。
ココナッツアイスは、まあ定番の味ですよね。

日本でも、お米の産地の道の駅でお米入りアイスが売られていますので、それの黒米バージョンと考えればいいでしょう。
黒い見た目に一瞬驚きますが、美味しいですよ。

バリというより異世界⁉

料理より独特の店内の雰囲気のほうが、強く印象に残ってしまいました。
ドアを開ければ、そこは不思議な空間。
この空間を楽しむために、このお店を訪れるべきでしょう。
楽しむついでにバリ料理を食べる、それがこのお店です。

異世界に行きたい!ついでにエスニック料理も!
なんてニッチな欲求に襲われた日のランチにぜひおすすめします。

バリフォーシーズンズ
【住所】大阪市西区江戸堀1-23-31
【ランチ 】11:30~15:00(L.O.14:30)
【ディナー】17:00~翌5:00(L.O.4:30)
【定休日】日曜日
【食べログ】バリ フォーシーズンズ
全席禁煙です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする