『みつ星製麺所 阿波座店』が閉店状態から復活オープン!

一年半ほど閉店状態だった「みつ星製麺所 阿波座店」。
ずーっと閉まったままで他のお店にも変わる様子がなかったので、どうしたのだろう?と思っていました。

それが9月25日に突如復活し、リニューアルオープンしました!
メニューは変わったかのかな?
値段の変更は?
など以前との違いを中心にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

メニューの変更点

以前のメニュー内容

一時閉店前の主なメニューは以下の通りです。

  • つけ麺750円
  • 濃厚らーめん750円
  • カレーつけ麺750円
  • 和風らーめん650円

極太麺と中太麺が選択でき、量も150/250/300/400gと追加料金なしで選べました。

復活オープン後のメニュー

さて、リニューアル後はどうメニューが変わったでしょうか?

  • 濃厚つけ麺800円
  • 濃厚ラーメン850円
  • カレーつけ麺850円
  • 和風ラーメン700円
  • 魚豚まぜ麺800円

「らーめん」が「ラーメン」になど細かい名称の変更がありますが、何よりも全体的にプラス50円(カレーつけ麺はプラス100円)の値段変更が目につきますね。

麺の量も150/225/300gまでは追加料金なしですが、450gはプラス150円となりました。
また、以前のように極太麺か中太麺が選べるのはなくなり、一種類のみです。

メニュー表を見ると、「特製」が一番最初あるので、それを注文してしまいそうです。
「特製」はプラス250円でチャーシュー・のり・味玉のトッピングがつくメニューです。
単に普通のラーメンにトッピングがつくだけですので、注意が必要ですよ。

「特製」は、何か特別な製法で作ったラーメンなのかな?と勘違いしそうですよね。
ちなみにトッピングなしのメニューは、左下に目立たないようにあります。

新メニューとして、魚豚まぜ麺が追加されました。

お店の雰囲気

店内はとくに変わっていないと思います。
2人掛けのテーブル席がふたつと、6人が座れるカウンターのみの小さいお店です。
テーブル席は幅が狭く、食べづらいかな。

店員さんは、明るく丁寧でいい感じです。
これは以前と変わってない、良い点ですね。

特製濃厚つけ麺を実食

メニュー表の一番最初にあった、特製濃厚つけ麺(1,050円)を注文。
まだリニューアルオープンして間もないはずなのに、「一番人気」と印刷されています。
多分未来予想図なのでしょう。

注文して出てくるのに10分ほどかかったでしょうか。
トッピングが色々のっていて、美味しそう。

味をきちんと評価できるほどのラーメン通ではないのですが、実際見た目だけでなく、とても美味しいと思います。
麺はもっちりとコシがあって、小麦の風味が感じられます。
スープも豚骨と鶏ガラに野菜の旨味が溶け込んでいて、美味しい。
麺とスープの相性は抜群ですね。

以前のお店と変わらず美味しかったです。

価格変更は残念だけど、美味しい

値段の高い「特製」を一押しにしているメニュー表やプラス50~150円の価格変更など、以前より一人当たりの価格を高くしたいのかな?と思われる「みつ星製麺所 阿波座店」。

まあ昨今の人件費や材料費を考えるとしょうがないですね。
でも不思議なのが、一年半ほど何をしていたのかということ。
その間家賃を払っていたはずなので、それでも閉店状態だったのはなぜなのでしょうか?
どんな理由があったのかはわかりませんが、撤退するよりそのまま借り続けたほうが総合的に良いと判断したのでしょう。

何はともあれ、阿波座の有名ラーメン店が復活したのはうれしいことです。
次は新メニューの魚豚まぜ麺に挑戦しようかな?

みつ星製麺所 阿波座店
【住所】大阪市西区江之子島1-6-2
【食べログ】みつ星製麺所 阿波座店
店内は全席禁煙です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. やま より:

    大好きで通った旧三つ星製麺阿波座、本店のメンバー、兄弟で始めたおもいいれの店。
    しかし、本店とともに売却されてしまいました。
    しばらくは、阿波座だけの特製太麺をだましだましつくっていたけど、やはり以前とは空気が違いました。
    三つ星の思い入れは、初代オーナーとスタッフが作ったすばらしいもの。買収先がそれを引き継いでいく難しさを垣間見る気持ちです。

    • frogtraveler より:

      コメントありがとうございます。
      そうなんですか、買収されたのですね…。
      閉店状態だったのもそれが理由だったのですね。
      お店経営は難しいですね。