いずみカリー グランフロント大阪店へ!とりこになる旨さの進化系甘辛カレー⁉

うめきた広場のうめきたセラーに、カレーの名店「いずみカリー」がオープン。
大阪人をとりこにしてきたという噂の味を確かめに、関東で生まれ育った私が行ってきました!

関東ではあまり知られていませんが、大阪は、独特のカレー文化が発展しています。
甘辛カレー、スパイスカレー、スリランカカレーが有名で、それぞれが特色あるカレーです。

さてこんなカレー文化の中で、「いずみカリー グランフロント大阪店」は、どんなカレーなのでしょうか?
新たなカレーの出会いに期待して、いざグランフロント大阪へ!

スポンサーリンク

いずみカリー グランフロント大阪店について

「いずみカリー グランフロント大阪店」は支店で、本店は大阪市九条にあります…と書きたいところですが、「いずみカリー グランフロント大阪店」を運営している会社のサイトで店舗一覧をみると、なぜか本店が掲載されていません。

一方、本店のはずの九条のいずみカリーは、今は名前を変えて「いずみバーグ」となっているようなのです。
これはチェーン展開の際に、色々権利関係で何かあったのかな?

まあその辺の話はよくわからないですが、重要なのは味ですよね。
話題のお店が集結しているグランフロント大阪のカレー専門店ですから、楽しみです。

お店の雰囲気

今回訪れた「いずみカリー グランフロント大阪店」は、うめきた広場のうめきたセラー南館地下1階にあります。

いずみカリー グランフロント大阪店
3月14日にオープンした、「いずみカリー グランフロント大阪店」。

選りすぐりの飲食店などが集まったうめきたセラーは、2019年3月14日にお店の数を増やし、拡大オープンしました。
その一店が「いずみカリー グランフロント大阪店」で、まだ出来立ての新しい店構えです。

新店舗ですので、お店のスタッフのオペレーションはどうかな?と思って入店したのですが、明るく丁寧な対応で安心して食事ができました。

店内は、カウンター10席と二人掛けテーブル席が3つと少し狭い感じですが、テーブル席には荷物入れが用意されていて、不便は感じません。

カウンター席の様子
ファストフード的なカウンター席。
テーブル席の様子
かたい座り心地のテーブル席。

ただし、長居をするのに向いているお店ではなく、サッと食べてサッと出るお店ですね。

各座席には、福神漬けが入った容器が置かれ、取り放題です。

いずみカリーの福神漬け
いずみカリーのお供も、やっぱり福神漬けです。

この福神漬けは、一般的な赤く着色されたものではなく、具材も少ないです。
でも味は、福神漬けです。

メニュー内容

お得なランチメニューなどはなく、一日中同じ値段のメニューで提供しています。
ルーなどを自由に選択し、自分好みのカレーを注文する方式です。
また、テイクアウトもできますよ。

ルーの種類

まず最初に、好きなルーを選びます。
ルーは、「スタンダード」と「マイルド」の2種類。
お店のメニュー表に書かれていた説明によると、以下の違いがあるようです。

【スタンダード】
数十種類の独自配合されたスパイスと果物による、刺激的な風味とフルーティな甘さ。
【マイルド】
スタンダードの美味しさをそのままで、辛さを少し控えめに。

ごはんの種類

次は、ごはんです。
「白米」か「雑穀米」が選べます。

カレーの種類

さあ次は悩みどころ、どんなカレーにするかの選択です。
野菜中心?それとも肉?
様々な種類が用意されていますよ。

【お肉系】
ビーフ(820円)、煮込みスジ(930円)、ハンバーグ(930円)、トンカツ(980円)、チキンカツ(930円)、バターチキン(1,000円)、タルタルチキンカツ(1,100円)、キーマ(880円)、メガバーグ(1,230円)
【野菜系】
なすチーズ(930円)、野菜どっさり(1,000円)
【チーズ・卵系】
炙りチーズ(850円)、丸ごとトマトチーズ(950円)、とろとろオム(820円)

トッピングの種類

まだ何か足りないなあと思えば、トッピングができます。
チーズ(120円)、とろとろオム(200円)、ネギ(210円)、ハンバーグ(310円)、トンカツ(360円)、チキンカツ(310円)、野菜どっさり(380円)。

「煮込みスジ」カレーと 「野菜どっさり」カレーを注文!

数ある組み合わせから、「スタンダード」+「雑穀米」の「煮込みスジ」カレーと「マイルド」+「雑穀米」の「野菜どっさり」カレーを選択。
どんな味かな?

「スタンダード」+「雑穀米」の「煮込みスジ」カレーの味は?

とりあえず、お店の定番のルー「スタンダード」に、白米より健康な感じの「雑穀米」の組み合わせを。
それに、大阪に来てから美味しさを知った、「煮込みスジ」のカレーに決定。
東京には牛スジの料理はあまりないんですよ。

煮込みスジカレー
「煮込みスジ」カレー。

まずは、「スタンダード」のルーを一口。
初めに複雑なスパイスの香りが口中に広がり、次に甘さが押し寄せます。
甘さに安心したつかの間、辛さが!
結構な辛さです。
これはまさしく、大阪3大カレーの一つ、甘辛カレーですね。

甘辛カレーといえば、強烈な辛さと甘さのインデアンカレーが有名ですが、それよりは辛さ甘さとも抑えられています。
ですが、辛さが苦手の人には、きついかもしれません。

ルー自体の味は、多くのスパイスを使っていると説明にあったように、奥深い味わいです。
それに刺激的な辛さと、ほっとする甘さが加わることによって、一度食べればクセになるようなルーに仕上がっています。
このルーに、とりこになる大阪人がいるのも分かりますね。

ごはんは「雑穀米」を選びましたが、プチプチとした食感が楽しい。
白米もいいですが、この「雑穀米」もおすすめですよ。

選んだ組み合わせの説明はこのぐらいにして、「煮込みスジ」カレーをパクリと。
トロリとした牛スジが、かまなくても口の中で溶けだし、旨味があふれ出します。
ルーとの相性も完璧です。
牛スジの美味しさをシンプルに楽しめる、カレーでした。

「マイルド」+「雑穀米」の「野菜どっさり」カレーの味は?

「野菜どっさり」の名に恥じない、野菜の量に驚きです。
彩りも豊かで、食欲が進みます。

野菜どっさりカレー
「野菜どっさり」カレー。

こちらのルーは、「マイルド」に。
大分辛味はなくなっていて、食べやすくなっています。
甘辛カレーから、辛味を抜き取ったような、そんな感じ。

これなら辛さが苦手の人でも大丈夫でしょう。
「スタンダード」と同様、複雑なスパイスによる奥深い味わいは、変わらず楽しめますよ。

野菜の種類は、ブロッコリー、オクラ、ズッキーニ、ヤングコーン、カボチャ、シイタケ、トマトなど盛りだくさん!
様々な野菜のどれもが、味が濃く美味しいです。

この野菜たちとルーがからんだ雑穀米を一緒に口に放り込むと、旨味の大合唱の始まりです。
雑穀米の食感もさらなるハーモニーを生み出します。
一度食べ始めると、止まりませんね。
あっという間に、食べ終わってしまいました。

さすが「いずみカリー」!とりこになる旨さ

大阪人にはなじみ深い甘辛カレーですが、この甘辛カレーの最新版が「いずみカリー」ではないでしょうか?

ルーなど様々なものを選択し、自分好みの味に組み立てるのが、「いずみカリー」の特長です。
どんな組み合わせにしても美味しく仕上げる、「いずみカリー」のルーの素晴らしさにも脱帽ですね。

甘辛カレーの代表であるインデアンカレーのように完成されたものを、食べるのもいいですが、自分色の甘辛カレーを作るのも楽しいものです。

大阪人に限らず、「甘辛カレーってどんな味?」と初めて食べる人にも、おすすめできるのが「いずみカリー」です。
グランフロント大阪付近で「カレー食べたい!」となったら、ぜひどうぞ。
その味にとりこになっても知りませんよ。

いずみカリー グランフロント大阪店
【住所】大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館地下1階
【営業時間】10:00~22:00
全席禁煙です。

大阪3大カレー!「甘辛カレー」「スパイスカレー」、さらには「スリランカカレー」。他では味わったことのない新たなカレーに出会えますよ。たこ焼きだけではない、大阪名物を堪能しましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする