【WADATSUMI(ワダツミ)】市場直送のお店がなんばに誕生⁉

なんばスカイオの『WADATSUMI(ワダツミ)』に行ってきました!
話題のフードホール「ITADAKIMASU」内にある、大阪市中央卸売市場の仲卸が経営するお店です。

魚の目利きである市場のプロが作ったお店なので、美味しいお魚料理が食べられることを期待して訪問したわけです。

いやー、ほんと美味しかった…。
メニューや実際に食べた料理の感想など、書きますよ!

スポンサーリンク

WADATSUMI(ワダツミ)とは?

大阪市中央卸売市場の仲卸が、「本当に美味しい魚のお店を作りたい!」と意気込んで、なんばスカイオに初出店したのが、WADATSUMIです。
なんばスカイオのWADATSUMI(ワダツミ)

至る所に魚がおどっているお店ですね。
ちなみにワダツミとは古事記や日本書紀に登場する、日本の海の神様。
こんな偉大な神様を店名にするなんて、並々ならぬ心意気を感じます。

フードホール「ITADAKIMASU」のフロア一番奥に、お店は位置しています。
店頭にはテイクアウト用のお寿司も並んでいて、ネタが新鮮で美味しそうでした。
ここで買って帰って、家で食べるのもいいかもしれませんね。

おすすめのお魚は日によって違うようです。
さすが市場直送!季節やその日の天候によって漁獲が変わりますものね。
知識豊富な店員さんと相談して注文しましょう。

通常メニュー

まずは、本日おすすめのメニュー。
お店一押しの料理ですね。
この日は、良いメバチマグロが入荷したみたいです。
WADATSUMI(ワダツミ)の本日のおすすめメニュー

続いて、一品料理のメニュー。
魚の一番美味しい食べ方を知っているプロが作った料理ですから、どれを頼んでも美味しいに決まってます。
WADATSUMI(ワダツミ)の一品料理メニュー

にぎり寿司のメニュー。
魚料理といえば、寿司ですよね。
WADATSUMI(ワダツミ)のにぎり寿司メニュー

海鮮丼のメニュー。
丼からあふれんばかりのネタ!
WADATSUMI(ワダツミ)の海鮮丼メニュー

注文した料理と感想

さすが仲卸、魚の目利きのプロによるお店です。
目移りする魚料理がいっぱいで、困りますね。

店員さんに聞いたところ、アナゴの良いものが入ったらしく、少し珍しい肝焼きなんてどうですか?と言われたので、席のメニューにはなかった「アナゴの肝焼き」を注文しました。

このように裏メニュー的なものもあるようで、店員さんに色々聞いてみるのもおすすめです。
さらにちょっと店内が寒かったので、体を温めるためには鍋だ!ということで「お魚しゃぶしゃぶセット」も注文。

では「アナゴの肝焼き」から。
ウナギの肝焼きはよくありますが、これは初めてです。
WADATSUMI(ワダツミ)のアナゴの肝焼き

見た目はちょっと不気味ですが、香ばしい匂いで食欲をそそられます。
うな重と同じような、甘いタレでアナゴの肝をからませています。

パクリといただきます。
コリコリとした食感が面白いです。
甘いタレととても合います。
ウナギの肝より大きく、一個一個食べ応えがありますね。

苦みなど嫌な味はまったくありません。
ウナギの肝より何倍も美味しいです。

こんなに美味しいのに、普段見かけないのはなぜでしょう?
おそらくですが、かなり新鮮でないと食べられたものではないのかな。
または、下処理が難しいとか。

でもさすが、魚の目利きが経営するお店です。
とても美味しくいただくことができました。
今までに食べたアナゴ料理の中で、一番と言ってもいいほどでしたよ。

肝焼きに大変満足したので「お魚しゃぶしゃぶセット」の期待が高まります。
本日のお魚はブリ、つまりブリしゃぶですね。

しゃぶしゃぶされるブリの切り身。
お魚しゃぶしゃぶセットのブリ

角が立っていて、新鮮な感じで良いですね。
そのままご飯の上にのせて、丼にして食べても美味しそう。

そしてくぐらせるスープはこちら。
お魚しゃぶしゃぶセットの出汁

これは完全に鍋ですね。
「お魚しゃぶしゃぶセット」の「セット」の意味は、このお野菜が付いてくるということです。
これは嬉しい誤算でした。
このお野菜だけでも十分な量で、鍋を食べたという満足感を味わえます。

そして何よりも特筆すべきなのは、この鍋の出汁。
このブログでは何回か関西の出汁文化の素晴らしさに触れていますが、ここも例にもれず大変美味しい。
透き通った旨味たっぷりの出汁に、すりおろされたショウガが入っていて、とても体が温まるスープになっています。

このスープに新鮮なブリをササっとくぐらせて、ポン酢につけて食べたのですが、もう何も言うことはありません。

私は関東出身で、ブリといえば照り焼きで食べるのが多かったのですが、関西ではブリしゃぶが一般的ですね。
こちらに来てブリしゃぶの美味しさを知ることができましたよ。

野菜も美味しく食べることができ、残ったスープすべて飲み干してしまいました。
次の来店時も注文決定です。
1人前を頼んだのですが、2人で食べる場合でも十分な量でした。

ランチメニュー

平日の11時から13時限定でタイムサービスが行われ、「海鮮丼」または「にぎり寿司10貫」に赤だしが付きます。

魚の美味しさが存分に味わえる、WADATSUMI(ワダツミ)!

メニューを見ればわかるように、様々な種類の魚が色々な料理法で味わえる、それがWADATSUMI(ワダツミ)のいいところです。

魚の目利きのプロが自信を持って調理した、それぞれの魚の美味しさが最大限に引き出された料理の数々…。

次回の訪問時にはどんな魚料理が待っているのかな?
今から楽しみです。

WADATSUMI(ワダツミ)
【住所】大阪市中央区難波5-1-60なんばスカイオ5F フードホールITADAKIMASU内
【電話】06-6631-3300
【営業時間】11:00~23:00(L.O.22:30)
【食べログ】ワダツミ
全席禁煙です。
フードホールITADAKIMASUについては、以下の記事をよろしければどうぞ。

なんばスカイオのフードホール「ITADAKIMASU」には、肉・魚・野菜それぞれに自信を持つお店が!でも初めての方だと少しわかりにくいかも?席の確保や注文の仕方など利用方法を詳しくお教えします。雰囲気や席の種類なども。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする