2019リッツカールトン大阪のアリスいちごブッフェに行ってきた!

2019年のリッツカールトン大阪のいちごブッフェ

リッツカールトン大阪のアフタヌーンブッフェ「アリス・イン・ストロベリーワンダーランド」に行ってきました!
毎年大好評のストロベリーブッフェ、2019年のテーマは「不思議の国のアリス」。
2019年5月6日(月)までの開催です。

「不思議の国のアリス」の世界観が表現されたブッフェ台は苺のデザートでいっぱい。
一休のとてもお得な割引プランで予約したのですが、大満足のブッフェでしたよ!

ブッフェ会場の雰囲気や、ブッフェを利用する上での注意しておきたい点をお教えします。
また、デザートと軽食の「これだけは食べておこう!」というおすすめメニューを、実際に食べた感想とともにお伝えもしますね。

そして何よりもコストパフォーマンス抜群の予約方法、さらにはすべてのデザートと軽食類のメニュー内容など、ブッフェを楽しみたい人に役立つ情報を色々書きます。

スポンサーリンク

「不思議の国のアリス」の世界観があふれるストロベリーブッフェ!

アフタヌーンブッフェ「アリス・イン・ストロベリーワンダーランド」は、リッツカールトン大阪1階のイタリア料理「スプレンディード」で開催されてます。

レストラン内に一歩足を踏み入れると、木の上でゴロゴロしているチェシャ猫とアリスの洋服がお出迎え!
ちょっと怖いチェシャ猫。
チェシャ猫

お菓子でできているようなアリスの洋服。アリスの洋服

ブッフェ会場のイタリア料理「スプレンディード」は重厚な雰囲気で、不思議の国のアリスの世界観にぴったり!
どこからともなく、トランプの兵隊が現れそうです。
レストラン「スプレンディード」の雰囲気

席も落ち着いた感じで余裕があり、くつろげます。レストランの席の様子

ブッフェを利用する上での注意点

ブッフェは14:30からと16:30からの2部になっていて、90分の入れ替え制です。
ほぼ予約で埋まっていますので、必ず予約をしましょう。

開始30分ほど前から予約客が並び始めますが、先着順で良い席に案内されるわけではないので、焦って並ぶ必要はありません。

受付で名前を言うと、前もって決まっている席に案内されます。
どうやら予約をした時点で席が決まるようで、小さな子供を連れた家族などは固まって配置されていました。
席の希望がある方は、予約の時点でその旨を伝えるといいと思います。

入店前に荷物や上着類を預けることもできますので、身軽になって開始の時間を待ちましょう。
ちなみにこのレストランにはドレスコードはないので、お好きな服装でどうぞ。

アフタヌーンブッフェ「アリス・イン・ストロベリーワンダーランド」
2019年5月6日(月)まで開催
【住所】大阪市北区梅田2-5-25 リッツカールトン大阪1階 イタリア料理「スプレンディード」
【営業時間】14:30~16:00/16:30~18:00(90分制)
全席禁煙です。

リッツカールトン大阪いちごブッフェの詳細
料金・プラン一覧

大阪の各ホテルでは、それぞれに趣向を凝らしたいちごビュッフェが開催中!

2019年のヒルトン大阪のいちごビュッフェはどんな感じ?たっぷりと堪能してきました!レストランの雰囲気や利用する上での注意点、「これは美味しい!」と感じたおすすめメニュー、スイーツと軽食類の全メニュー情報などをレポート。口コミの一つとして参考にどうぞ。

「アリス・イン・ストロベリーワンダーランド」のメニュー内容

レストラン中央に置かれたブッフェ台を見れば、そこは「不思議の国のアリス」の世界。
まさしくアリス・イン・ストロベリーワンダーランドです!
いちごを使ったどんなメニューが待っているか、期待が高まります。
ブッフェ台

デザートや軽食など合わせて約50種類のメニューのほぼすべてが、苺を使った料理となっています。
90分で全部を制覇するのはちょっと無理そう。

このブログでは、メニューのすべてを紹介していますので、ここで予習をしたうえでブッフェに挑むのがいいかも⁉
私がおすすめする料理の感想も参考にしてみてください。

全メニューを載せているので、ちょっと長くなります。
見たい方は、記事の最後にありますのでどうぞ。
まずはおすすめのデザートと軽食メニュー、食べた感想から。

おすすめのデザートは?

すべてのデザートは上品な甘さで、それぞれの素材が持つ特長が上手に活かされていて、苺とのマッチングが楽しめます。
素直に「美味しい」と思える出来で、さすがリッツカールトンのデザートです。

どれを食べても満足できると思いますが、ここではその中でも個人的におすすめのメニューを紹介したいと思います。

まずは、『メローブルーティーゼリー ストロベリーシロップ』。
このゼリーは、スポイトに入っているシロップをかけてかき混ぜると、不思議なことが!
透明なゼリーが、ピンク色に変わるのです。
メローブルーティーゼリー ストロベリーシロップ

スポイトに入っているシロップを、かけると…。メローブルーティーゼリー ストロベリーシロップ

面白さだけでなく、味も文句ありません。
苺の甘酸っぱさとレモンの爽やかな酸味が口いっぱいに広がり、心がキュンとする味です。

続いて『ジョーカー オペラ』。
このブッフェでは数少ないブラックチョコレート系のデザートです。
ジョーカー オペラ

個人的には、全デザートの中で一番美味しかったものがこれ。
チョコレートがふわっと香ったと思った瞬間、苺の甘酸っぱさが後から追いかけるように、甘すぎない少し苦味のあるチョコレートとこれ以上ないバランスで合体し、口の中が幸せで満たされていきます。

甘味、酸味、苦味、すべてが丁度いいチョコレートケーキです。
フレッシュストロベリーと一緒に食べるのもおすすめです。

ふわっとした雲のような綿あめがかわいい、『コットンキャンディー ストロベリーババロア』。コットンキャンディー ストロベリーババロア

最近のやわらかさを好む風潮に反して、思いのほか硬さがあるババロアです。
その食感がある意味新鮮で、新たなデザートに出会ったよう。
口に含むとぎゅっと濃縮された苺の味が、パッと花火の様に弾けますよ。
抑え気味の甘さのババロアと綿あめとの組み合わせは絶妙です。

さらに遊び心が効いたものとして『スパークキャンディー ストロベリーチョコレート』があります。
スパークキャンディー ストロベリーチョコレート
ただのイチゴ味のチョコレートの棒かな?と思ったら大間違い。
口の中で、パチパチと大暴れしますよ。
実際に食べて体感してみてくださいね。

おすすめの軽食メニューは?

デザートと同様、すべての軽食メニューにも苺が使われています。
苺をデザート以外の料理に仕立てるなんて、リッツカールトンのシェフは大したものです。
どのメニューも、苺を使用した軽食としてちゃんと成立していました。

さてその中から私がおすすめする軽食メニューは、『フィッシュバーガー 苺のタルタルソース』です。フィッシュバーガー 苺のタルタルソース

見た目普通のフィッシュバーガーですが、一口ほおばると、苺を確かに感じることができます。
ですが、この苺の風味はけして出しゃばることはなく、あくまでもタルタルソースの中で、ここぞという時の出番を待つ名わき役のように存在しているのです。

一般的な魚のフライは少し魚特有の生臭さを感じることもあるのですが、この『フィッシュバーガー 苺のタルタルソース』ではそんなことは微塵もありません。
カリっとしたフィッシュの揚げ物が口のなかでホロリとほどけると、魚の旨味だけがあふれ出す。
そう、苺が魚の生臭さを消し去ってくれて、旨味だけを残してくれるのです。

この効果に気づき、苺を使用したシェフの力量は素晴らしい。
ぜひこの『フィッシュバーガー 苺のタルタルソース』を皆さんもご堪能ください。

千円以上の割引も⁉予約は一休経由一択!

直接、リッツカールトン大阪の公式サイトや電話で予約する場合は、大人4,700円に消費税とサービス料15%が加算され、合計5,837円になります。

ところが、宿泊サイトで有名な一休が運営する「一休レストラン」経由なら、千円以上の割引ができるプランがあるんです!
私は運よく平日16:30限定のプランに申し込むことができ、5,837円→4,800円でストロベリーブッフェを楽しむことができました。

他にもお得なプランがあるかもしれませんので、気になったら一休レストランのサイトを見てみるのもいいかもしれませんね。
今なら最大で28%引きのプランなどがあります。

リッツカールトン大阪いちごブッフェの詳細
料金・プラン一覧

苺のスイーツブッフェで不思議の国の世界へ!

冬から春にかけて、大阪のホテルでは苺のスイーツブッフェが数多く開催されます。
その中でもリッツカールトン大阪は、「不思議の国のアリス」をテーマにした、他にはない世界観にあふれたストロベリーブッフェとなっています。

リッツカールトンだけが持っている独特の重厚な雰囲気が、とても「不思議の国のアリス」に合っていて、素晴らしい体験ができると思います。

90分と短い時間ですが、その重厚な雰囲気のおかげで意外とゆったりとブッフェを楽しむことができますよ。
大阪のホテルのスイーツブッフェの中では、間違いなく最上級で安心しておすすめできます。

90分を有効活用するために!全メニューを記載

90分という時間制限のあるスイーツブッフェなので、事前に全メニューを研究できたらスムーズに攻略できると思います。
デザートと軽食、そしてドリンクの全メニューを載せますので参考にどうぞ。

デザートメニュー

ではすべてのデザートメニューから。
どれもが可愛くて「不思議の国のアリス」の世界を表現したデザートとなっています。
ブッフェ会場では迷っている暇はないですよ!

『ウサギの耳チョコレート ストロベリームース』
ウサギの耳がぴょんとかわいい。
ムースの舌触りがよく、イチゴ味が楽しめます。
ウサギの耳チョコレート ストロベリームース

『マーブルチョコレート ストロベリーカップケーキ』
鮮やかなマーブルチョコが印象的。
軽くペロリと食べられます。
マーブルチョコレート ストロベリーカップケーキ

『コットンキャンディー ストロベリーババロア』
甘い綿あめが雲の様にフワフワのっています。
綿あめとババロアを一緒に食べると美味しいですよ。
コットンキャンディー ストロベリーババロア

『メローブルーティーゼリー ストロベリーシロップ』
色が変わる不思議なゼリー。
理科の実験をしているようです。
メローブルーティーゼリー ストロベリーシロップ

『甘酒パンナコッタ ストロベリーライス』
甘酒の香りがほんのり漂う、少し変わった味わい。
甘酒パンナコッタ ストロベリーライス

『ストロベリーロール レモンクリーム』
苺の酸味とは違うレモンの酸味が、美味しさをアップしてます。
ストロベリーロール レモンクリーム

『ストロベリープリン』
一口で食べられる小さいプリン。
ストロベリープリン

『ジョーカー オペラ』
チョコがとても美味しい。
苺との相性も抜群で、個人的に一押しのスイーツ。
ジョーカー オペラ

『グリーンアップル ストロベリー スパークリング』
緑色のソーダが、駄菓子屋さんを思い出します。
グリーンアップル ストロベリー スパークリング

『苺のグラタン』
グラタンと書いてありますが、甘いデザートです。
苺のグラタン

『苺のクレープ』
生地がふんわりとしてます。
ホテルのクレープは美味しいですね。
苺のクレープ

『ラビットテイル ストロベリーメレンゲ』
ちょこんとしたうさぎのシッポ。
口に含めば、溶けてイチゴ味が広がります。
ラビットテイル ストロベリーメレンゲ

『ストロベリークッキー』
不思議の国のアリスに登場する、有名な「EAT ME」と書かれたクッキー。
食べたら何かが起こるかも?
ストロベリークッキー

『苺わらびもち』
なぜかわらびもち。
大阪人はこれ大好きですね。
苺わらび餅

『苺・白玉・小豆・寒天』
もうちょっとネーミングに頑張ってほしい…。
そのまんまのデザート。
苺・白玉・小豆・寒天

『ハートデコレーション ストロベリーロングパイ』
パイの食感がサクサクとして楽しい。
見た目も華やか。
ハートデコレーション ストロベリーロングパイ

『スパークキャンディー ストロベリーチョコレート』
この食感は食べてからのお愉しみ。
パチパチとしますよ。
スパークキャンディー ストロベリーチョコレート

『スプーン ストロベリーモンブランチョコレート』
スプーンに盛られていてかわいいけど、普通のイチゴ味のクリーム。
スプーン ストロベリーモンブランチョコレート

『ミントクリーム ストロベリーマリネ』
苺の甘さの後には、爽やかなミントが口の中をさっぱりさせます。
ミントクリーム ストロベリーマリネ

『ストロベリー杏仁豆腐』
杏仁独特の香りには苺がぴったり。
杏仁好きにはたまりません。
ストロベリー杏仁豆腐

『ストロベリーマドレーヌ』
しっとりと良い食感。
紅茶と一緒にどうぞ。
ストロベリーマドレーヌ

『ストロベリーケーキ ピスタチオクリーム』
こういう単純なショートケーキにパティシエの実力が表れます。
もちろん美味しいです。
ストロベリーケーキ ピスタチオクリーム

『苺チーズクリーム 黒胡椒クランブル』
胡椒がピリリと効いていて、少し変わった味わいでした。
苺チーズクリーム 黒胡椒クランブル

『ストロベリータルト 抹茶クリーム』
抹茶と苺も合いますね。
エディブルフラワーがのってます。
ストロベリータルト 抹茶クリーム

『ストロベリーブラウニー ライチクリーム』
チョコと苺、そしてライチのバランスが完璧。
このホテルのチョコは美味しいですね。
ストロベリーブラウニー ライチクリーム

『キャラメル ストロベリーチーズケーキ』
チーズケーキにキャラメルがふんわりと香ります。
キャラメル ストロベリーチーズケーキ

『ストロベリーチョコレート』
フレッシュ苺をくぐらせて食べましょう。
オレオクッキーも用意されてます。
ストロベリーチョコレート

『ミントチョコレート』
珍しいミントチョコのタワー。
イチゴが爽やかに。
ミントチョコレート

『フレッシュ ストロベリー』
そのままの苺も食べたくなりますね。
イチゴスイーツのお口直しにフレッシュ苺を食べるなんて贅沢です。
フレッシュ ストロベリー

『ストロベリーコーン』
イチゴ味のワッフルにクリームが入ってます。
ストロベリーコーン

『ストロベリーのババ グランマリエ』
しっとりじゅわっと甘さがあふれ、美味しい。
ストロベリーのババ グランマリエ

『炭酸ストロベリーゼリー』
シュワシュワのイチゴ味のゼリー。
炭酸ストロベリーゼリー

軽食メニュー

デザート以外にも、軽い食事メニューが用意されています。
甘いものに飽きたらどうぞ。

『ピッツァ 苺のクワトロフロマッジ』
チーズたっぷりの中に、苺が。
意外と合いますね。
ピッツァ 苺のクワトロフロマッジ

『ピッツァ 苺のマルゲリータ風』
トマトの代わりに苺。
これも意外と美味しい。
ピッツァ 苺のマルゲリータ風

『フィッシュバーガー 苺のタルタルソース』
個人的に軽食類の中で一押しのメニュー。
フィッシュバーガー 苺のタルタルソース

『苺 ツナ アボカドのサンドウィッチ』
ツナとアボカドの味が強く、そんなに苺を感じません。
苺 ツナ アボカドのサンドウィッチ

『苺のパンツァネッラ』
パンツァネッラとは食材をオリーブオイルと酢で和えたもの。
苺のパンツァネッラ

『バジルムース ストロベリーバルサミコ』
スイーツコーナに置いてあるけど、甘くありませんよ。
苺にバルサミコはどうかな?バジルムース ストロベリーバルサミコ

『カルツォーネ 苺 ベーコン ホウレン草』
違和感なく、すべての食材が調和していて美味しいです。
カルツォーネ 苺 ベーコン ホウレン草

『苺のリゾットと熟成バルサミコ』
チーズが強く、少し苺が負けています。
普通にチーズリゾットです。
苺のリゾットと熟成バルサミコ

『スパゲッティーペペロンチーノ 苺とサルシッチャ』
スパゲッティーに苺なんて人生で初めて。
スパゲッティーペペロンチーノ 苺とサルシッチャ

『苺のアランチーニ』
アランチーニとはライスコロッケのこと。
苺の酸味がいいアクセントになっています。
苺のアランチーニ

ドリンクメニュー

コーヒーと紅茶が数種類用意されており、おかわり自由の飲み放題です。
自分で取りに行くのではなく、お店のスタッフが新しいカップに注いで持ってきてくれます。
リッツカールトン大阪のオリジナルブレンド紅茶

コーヒーメニュー

・コーヒー
・エスプレッソ
・カフェラテ
・カプチーノ

紅茶メニュー

・ダージリン
・アッサム
・アールグレイ
・イングリッシュブレックファスト
・アイスティー
・ストロベリーフィールズ
・オリジナルブレンドティー
どのコーヒー・紅茶も何度も頼めますので、これはうれしいですね。

以上、すべてのメニューを記載しました。
リッツカールトン大阪の2019年のアフタヌーンブッフェ「アリス・イン・ストロベリーワンダーランド」をぜひ楽しんでください!

リッツカールトン大阪いちごブッフェの詳細
料金・プラン一覧

大阪の各ホテルでは、それぞれに趣向を凝らしたいちごビュッフェが開催中です。
たとえばヒルトン大阪のいちごビュッフェもおすすめですよ。

2019年のヒルトン大阪のいちごビュッフェはどんな感じ?たっぷりと堪能してきました!レストランの雰囲気や利用する上での注意点、「これは美味しい!」と感じたおすすめメニュー、スイーツと軽食類の全メニュー情報などをレポート。口コミの一つとして参考にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする