大阪転勤のメリットは?ゆとりある大らかな暮らしが待ってますよ!

突然の大阪への転勤命令!
はて、困った…。生まれてこの方、関東を出たことがない。
そんな私が、コテコテの大阪でやっていけるのだろうか?

なんて悩んでいるそこのあなた!
大阪の色々な噂を聞きますよね?
不安になるのもわかります。

でもね、大丈夫なんですよ。
関東から大阪へ転勤で移住してきた私が、身をもって体験した本当の大阪についてお教えします!
過ごしやすい土地にやさしさにあふれた人達がいますよ。

治安や街の雰囲気

まず気になるのは、治安でしょう。

大阪市内の治安については、あまり良くない印象をお持ちではないでしょうか?
確かに、日本第二の都市であり繁華街も多いことから犯罪発生率は全国でも高い傾向にあります。

ですが、それは一部の地域の話です。
関東にだって、そのような地域がありますよね?
それと同じです。

しかしここで注意しておかなければならないのが、関東の場合は、住む場所と治安の悪い繁華街などは割と距離が離れているということです。
しかしながら大阪の場合はそうではありません。

繁華街のすぐ近くに住宅街があったりして、街全体がコンパクトなつくりになっています。
そのため、治安の悪い場所との距離が近いせいか、街全体の印象として治安が悪くなってしまっています。

道一本入っただけで、街の雰囲気ががらりと変わることもありますので、その辺は注意しましょう。

危ないところに近づかなければ、東京の都会で暮らすのと同じような感じですよ。
ただし、自転車の交通マナーは悪く、東京では滅多にみられない大人の二人乗りが普通に見られますので、気を付けてください。

清潔度は、引っ越してくる前は不安だったのですが、意外ときれいな町並みです。
大阪市内は大きな道路が多く、歩道も整備され広くて歩きやすいです。
普通の住宅街はゴミも落ちてなく、清潔に保たれてます。
町内会がきちんと組織されていて、夏祭りなどが行われていますよ。

なお、ゴミの分別は大阪市内は他市と比べると細かくなく、専用のごみ袋もないので出しやすいです。

人との距離感が近い

東京ではコンビニで買い物しても、店員に話かけられることはまずないですよね?
大阪では、結構話しかけられます。
若いアルバイトさんなどは、そんなことはあまりないのですが、年のいった店員さんなどはにこやかに話しかけてきますよ。

スーパーなどでは、買い物中の他人がそれはどこにあるの?と人の買い物カゴをみて場所を聞いてくることがあります。
教えてあげると、ふんわりとした大阪弁で満面の笑みで感謝されますから、悪い気はしないです。

自分の気持ちに素直な人が多く、人との距離感も近いのでしょうね。
話したいから話す、聞きたいことがあるから聞く、ということなんでしょう。
とは言っても大阪人すべてがそうではなく、シャイな人も思ったより多いです。
個人経営の飲食店に意外とそういう人がいて、大丈夫かなと逆に心配してしまうほどです。

でもほっといてくれる

人との距離感が近い大阪人ですが、反面、他人が何をやっていようかほっといてくれることがあります。
東京では白い目で見られるようなことも、温かくみてくれる寛容な雰囲気があります。

色々な地方から人が集まってくる(最近は外国人も)大阪ですので、一つの価値観に縛られない大らかな雰囲気が作られたのでしょう。
ギスギスしていないので、住みやすいですよ。

標準語でOK!

言葉の問題も気になることではないでしょうか?
大阪に住み始めたら、大阪弁を使わないとだめなのだろうか?と思いがちです。

全くそんなことはなく、標準語でいいんです。
何も気にせず、今まで通りの話し方でどうぞ。

それどころか、大阪人以外が大阪弁を使うことに関しては、かなり厳しい目で見られます。
普通に標準語を街で使えば、相手もそれに合わせてくれますし、言葉に関しては思いのほか気にしなくていいですよ。
そもそも大阪弁は、関東人には習得は無理でしょうし。

家賃が安い

大阪市内は都会ですが、同じ都会の東京に比べ、かなり家賃が安いです。
感覚的には1/2~2/3程度ではないでしょうか。

さらに関東では更新料は家賃1月分が普通ですが、大阪ではそもそも更新料がない、もしくはあっても家賃よりかなり少額です。
これはかなりうれしいですよね。

大阪市内は今、マンション建設ラッシュです。
以前は市内に住むことは敬遠されていたのですが、今は人が流入し活気があふれています。
小さな子供を持つ夫婦も多く、保育施設もそこら中に見られます。

飲食店はもちろんスーパーも点在し、衣食住すべてに不便はないですよ。
交通網もバス・地下鉄が発達し、これも便利です。

台風が来ない・地震が少ない

夏の台風シーズン、関東では1回以上は台風が襲来するでしょう。
一方大阪では、台風直撃がほぼないです。

地震も東京では多ければ週一ペースで有感地震がありますが、大阪では2,3ヵ月もしくはそれ以上ないなんて普通です(この前、大阪北部で大きな地震がありましたが・・・)。

しかしながら、南海トラフ地震がありますから、いくら少ないからといっても安心はできませんね。
これは日本全国どこに行っても地震から逃れられないのと同じでしょう。

自転車でどこまでも

大阪市内は平坦な地形が広がっていますので、自転車で走りやすいです。
大きな道路には自転車専用レーンが設けられています。

駅前などには、無人の駐輪場が整備されています。
駐輪してから1時間程度は無料で、その後24時間ごとに150円が一般的です。

東京に比べると街を行き交う自転車の数が大変多いことに驚くでしょう。
街には自転車屋さんが多く、パンク修理などの際も困りません。

色々自転車にやさしい街ですが、上でも述べたように交通マナーはあまり良くないように思われます。
二人乗りや傘差し運転(なぜかこれは大阪では違反ではない模様)が普通に見られますので、気を付けてくださいね。
マナーさえ気を付ければ、自転車でどこでも行ける便利な街ですよ。

安くてうまい

これはある程度知られているとは思いますが、知られている以上に、安いものが多いです。
たとえば、飲料の自動販売機はペットボトル100円が普通にあるので、150円ではもう買う気がなくなりました。
なかには10円(!)の自販機もありますよ。
何が出てくるのかわからない、ガチャガチャ的なもので面白いです。
福島区にありますので、機会があればどうぞ。

飲食店も東京に比べれば、信じられないくらい安いものがあります。
おしゃれなイタリアンなどでもランチが激安だったりします。
このクオリティーでこの値段!と感激しますよ。

大阪のソウルフード、たこ焼きも安くておいしいです。
それぞれの街の一角にはたこ焼き屋さんがあり、6個で300円程度でしょうか。
関東では同じ量では500円を超える値段ですから、安いですよね。
しかも当たり前のように、どの店もおいしい。
トッピングを選べたり、海老せんべいにたこ焼きを挟んだ「たこせん」なるものがあったりして楽しいですよ。

京都奈良神戸が近い

関東人にとって京都奈良は修学旅行で行く所ですが、大阪に住むと、どの都市へも1時間以内に行けます。
気楽に修学旅行気分が楽しめますよ。
今週末は奈良の東大寺へ、来週末は京都の金閣寺へ行こう!なんて簡単です。

神戸も近く、あっという間に着きます。
中華街にランチを食べに行こうなんていうのも、無理なくできますよ。

旅気分で楽しもう

吉本芸人などテレビでの印象のせいか、大阪をヒョウ柄のおばちゃんと朝から飲んでいるおっちゃんがどこにでもいるような街だと思っている関東人が多いです。
しかしそれは一部の地域だけです(いること自体は否定はしませんよ)。

中之島や北浜などの歴史ある建物がある重厚な街や、堀江などのおしゃれな人が集う街など、様々な顔を持つのが大阪なんです。
けして道頓堀のようなコテコテだけではないのです。

関東にいたときには、知りえなかった大阪があります。
様々な特色を持つ街や、個性豊かでありながらやさしい人たち。
そんな大阪での毎日の暮らしは、窮屈ではなく、ゆとりある大らかな生活ができます。

突然の転勤命令で動揺しているかもしれませんね。
ですが、関東人が大阪に住む機会なんて人生にそうそうないですよ。
人生は旅なんて言いますが、ちょっと長い旅行と思えばいいではないですか。
とても楽しい旅路になると思いますよ。

下の記事も参考になるかと思います。
よろしければお読みくださいね。

大阪に転勤!どこに引越すべき?関東出身者が住みやすい場所とは?北摂が一番おすすめと言われるけど、大阪市内にも住みやすいところがありますよ。
色々と噂される大阪。東京人が思っている大阪人像は正しいのかな?東京から大阪へ移住した私が感じた本当の大阪をお伝えします!大阪に引っ越す予定の人はぜひ読んでね。
関東から出たことのない東京人が、大阪へまさかの移住!東京とは何もかも違うと思っていた大阪での暮らしをいざ始めてみると…?あれ意外と東京と変わりませんね。でもあれだけにはまだ慣れませんが…。
東京人にはいまだ知られていない驚きの大阪が!?大阪へ移住してきた東京人の目を通して、大阪の知られざる姿を暴きます。ちょっと違った視点から大阪を見れば、「あれ?意外と大阪っていいかも」と思うかもしれませんよ。大阪で楽しい生活を送りましょう!

フォローする