関西人は意外と標準語

関東にいた頃は、関西人はいつでもどこでも漫才師のようにしゃべっていると思ってた。
ツッコミとボケ、みたいな。

実際に関西に来てみると、思っていたのと違ってました!
町を歩けば、聞こえてくる実際の関西人の会話。

知り合い同士の場合と知らない人に対応する場合では、違うようなのです。
もしかして標準語なのかな関西人?

スポンサーリンク

あら?意外と普通なのね

電車のアナウンスは標準語だし、スーパーやコンビニの店員さんも普通。
初めて大阪駅で駅員さんに声をかけたとき、普通に標準語で驚いた。
梅田の百貨店の店員さんも、テレビのような関西弁ではなく、標準語。
あれ?
意外と普通?

そりゃあ関東の人に比べれば、イントネーションは関西弁なんだろうけど。
思ったより、普通のしゃべり方だった。

もしかしたら知らない人に対しては、標準語に近い発音をするのかな?

新たな発見!

それでも一つ気になることが。

丁寧な言葉使いが、関東と違う。
それは、例えばお店の人がお客さんに丁寧にしゃべる時、「お会計は1000円になります」とか言いますよね?

この「ます」が面白い。

関東では平坦に「ます」と言うけど、関西では「ます↗」と尻上がりに発音する。それも「ます~↗」と伸ばし気味に。

何かリズムがあって唄っているようで、楽しい気分になる。
これ以外にも、関西人のしゃべり方はリズムがあって楽しそうで、優しい感じがする。

たまに東京に帰ってデパートなどで買い物をすると、店員のしゃべりが冷たく感じるようになってしまった・・・。

意外と言葉は標準語だけど、関西人のしゃべり方は、心地よいですよ。
関東からきて、言葉の問題はどうかな?と思っていたけど、あまり気にせずにやって行けそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. frogtraveler より:

    HKパパ様へ。
    興味深いコメントありがとうございます。
    このブログの管理人、frogtravelerと申します。
    送っていただいたコメントの公開を希望しないということですので、公開はせずに私からの返信をこちらに書きます。

    私は生まれも育ちも関東で、関西で暮らすなんて思いもしていなかった者です。
    それが大阪へ移住して、こちらの人々や文化にふれ「関東人は、本当の関西を知らないなあ」と感じ、このブログを立ち上げた次第です(最近はただの食ブログになりつつありますが…)。

    東京と大阪は、様々な地方から人が集まる同じような大都市でありながら、東京の場合は人々は個性をなるべく消して問題が起きないようにする、大阪は個性を尊重して何か問題がおきたらその都度対処する、そのような違いがあるように思えます。
    どちらも良い点悪い点があると思いますが、外からきた人間が楽しく暮らしやすいのは大阪の方かもしれませんね。
    私も大阪の暮らしを楽しんでおります。

    また言葉もHKパパ様がおっしゃる通り、面白く、そして難しいものですね。
    最近も大阪では鰻丼のことをマムシということを知りました。
    「え?蛇食べるの?」と驚いてしまいましたよ。
    関東ではマムシと言ってもほぼ通じないと思います。

    これからも色々と大阪そして関西の文化を楽しみながら体験し、関東との違いをこのブログで紹介したいと思っております。
    ちょっとこれは違うなあという内容もあるかと思いますが、お許しくださいね。