大仏蛍を見に行ってきました!場所などの詳細

奈良東大寺の裏側に生息している蛍は「大仏蛍」と呼ばれています。

一度は見たいと思っていたこの蛍に会いに行けました!
詳しい場所は?行くべき時期は?何時が見頃?など書いていきますね。

例年なら大仏蛍の時期は6月初旬から中旬ですが、今年は早めに現れて5月下旬には出始めていたようです。
私が行った日は6月12日。
少し遅かったかなと思いつつ向かいました。

スポンサーリンク

大仏蛍の生息地はどこ?

場所は東大寺の二月堂裏参道沿い、大湯屋周辺の小川。
一日中自由に出入りができる場所のようで、参拝料などは必要なく無料です。

近鉄奈良駅から歩いて20分程度で、有名な南大門の金剛力士像に着くと思います。

そこからさらに10分くらい歩けば、大仏蛍の生息地です。

夜は街灯が少なくて暗いので、足元に注意を。
シカの落し物がいたる所にありますよ。

鑑賞におすすめの時間は?

着いたのが夜7時前。

写真を撮ろうと立派なカメラで蛍を待ち構えている人たちが約10人いました。
やはり有名な場所なんですね。

徐々に暗くなりつつもまだ明るさが残っており、蛍が出る気配はありません。
時々、カエルの声が聞こえてきます。

7時半頃に、おや?と思ったら、大仏蛍出現!

一匹の蛍が薄い緑色の光を放ちながら、漂っています。
音もなく、自然の光とは思えない強めの光が空中をスーッと行くさまは、不思議です。
スマホで写真を撮ろうと試みましたが、私の技量では無理でした。ただ真っ暗に映るだけです。

時間が経つにつれ、蛍の数が増えていきます。
8時を過ぎてからが見頃で、9時までが鑑賞に良い時間のようです。
最大で10匹程度がいっぺんに光っていたでしょうか。

飛んでいるのがオスで、木や葉っぱにとまっているのがメスらしいです。
動かない光に、引き寄せられるようにもう一つの光が近づいていきます。
幻想的な風景に見入ってしまいました。

まとめ

関東にいたころは、蛍の話題などほとんどしたことはありませんでした。
関西では、意外と都市部から近いところに生息地があることに驚いています。
関西人には蛍は身近な存在なんですね。

大阪市内でも太閤園で見られるようです。
自然が豊かで良いことです。

今年の大仏蛍は、そろそろシーズンが終わりでしょう。
6/12の時点では、多くの蛍が飛んでいたとは思いますが、鑑賞したい方は急いでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする