下鴨神社の初詣には屋台がいっぱい!混雑しないので、おすすめ!

京都の下鴨神社へ初詣に行ってきました!
有名な神社の割には意外と人が少なく、人混み嫌いの人の初詣におすすめの場所です。
参道には屋台が多数あって、楽しめますよ。

新年1月2日の正午ごろ、実際に下鴨神社へ初詣に行って確かめてきました。
屋台がある場所、屋台の店舗数や種類、屋台の営業時間など初詣には欠かせない屋台情報をレポートしたいと思います。
また下鴨神社の初詣の混み具合、アクセス方法と駐車場情報なども書きますね。

スポンサーリンク

下鴨神社の屋台について

下鴨神社には初詣の期間中、多くの屋台が出店してます。
京都市内の寺社仏閣の初詣の中でも多いほうでないでしょうか。
下鴨神社の初詣の屋台

屋台がある場所

境内には糺の森という自然豊かな場所があるのですが、その中を通る参道の途中からずらりと屋台が並んでいます。

多くの人は南側から下鴨神社を目指すと思いますので、自然と屋台のある参道に着くでしょう。

屋台の店舗数

糺の森内の参道沿いに、全部で50軒ほど並んでいますよ。
参道入り口からしばらく歩くと、屋台が始まります。
下鴨神社の参道の屋台

参道の脇にはきれいな小川が流れていてどことなく神聖な雰囲気なのですが、そんな中に屋台があるという、不思議な光景となっています。

屋台の種類

チーズダッカルビ・チーズドッグなどの流行り物から、たこ焼き・焼きそば・お好み焼きなどの定番まで一通りそろっています。
下鴨神社の初詣のチーズドッグの屋台

下鴨神社が発祥とされる、みたらし団子も。
また、八百屋のような新鮮な京野菜や果物を扱うお店もあって、ちょっとした市場のようでした。
下鴨神社の初詣の野菜と果物の屋台

では下鴨神社の初詣の屋台の種類を思いつくままにあげていきますね。
・から揚げ
・長浜ラーメン
・たい焼き
・はしまき
・ベビーカステラ
・牛串焼き
・サツマイモスティック
・りんご飴
・チョコバナナ
・ワカサギ揚げ
・ドライフルーツ
・わらび餅
・フライドポテト
・イイダコ焼き
・ドネルケバブ
・鳥皮餃子
・景品
・占い

屋台の営業時間

屋台は下鴨神社の参拝時間に合わせて、営業しているようです。
下鴨神社の初詣の期間中の参拝時間は、以下の通りです。
【1月1日】 午前0時から午後6時まで
【1月2,3日】 午前6時半から午後6時まで
【1月4~6日】 午前6時半から午後5時半まで

屋台によっては早めに終了するところもありますので、余裕をもって行きましょう。

下鴨神社の初詣の混み具合・混雑状況

1月2日に初詣に行きましたが、参道は思ったよりは混んでいませんでした。
屋台にもお客さんはそれほど並んでいません。
しかしながら本殿入口からの先は、混雑していきます。
下鴨神社の初詣の本殿入口の混雑

この本殿入口から進むと、それぞれ干支の神様をまつっている「干支の社」があるのですが、それが大行列していて混雑の原因になっているのです。
下鴨神社の初詣の干支の社の行列

きちんと干支の社や本殿を参拝したいと思う方は、30分以上は待たされるでしょう。
ご注意くださいね。
屋台を主に楽しみたいという方は、屋台がある参道は混雑してませんで、食べたい屋台をお好きに選べるかと思います。

下鴨神社までのアクセスと駐車場情報

駅からのアクセス

電車で行くなら京阪の出町柳駅が最寄り駅です。
下鴨神社の最寄り駅の出町柳駅

駅を出れば鴨川が流れていますので、上流方面に少し行けば、下鴨神社の参道が見えてきます。
初詣の期間中は係員が案内しているので、迷うことなく着くと思いますよ。
下鴨神社の参道入口

駐車場

車で行く方が気になるのは駐車場だと思いますが、下鴨神社には専用の駐車場があります。
初詣の期間中は、最初の1時間は500円で30分毎に200円です。

注意すべきは駐車場への入り口です。
「下鴨神社参道」と書かれた下をくぐって、駐車場へ向かいます。
下鴨神社の駐車場入口

少し分かりづらいかと思いますので、地図を参考にしてください。

屋台好きにおすすめの下鴨神社の初詣

屋台の店舗数が多く人も少ない下鴨神社は、屋台好きにはおすすめの初詣の場所です。
初詣には屋台も楽しみたいという人は、ぜひ下鴨神社の初詣にどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする